恐竜博2011

ティラノ
トリケラトプス恐竜博に今年も行ってきました。今年は上野の科学博物館。夏休み中は混みそうだったので、夏休み明けねらって行ってきました。始まる前に行ければよかったんだけどねぇ。
毎年最新の恐竜情報が聴けるので、ガイドも借りつつ行くのですが、今まで端末のボタンで数字を押して説明を聞くという感じだったのが、今回はタッチペンで別途持たされた地図の数字部分をなぞると説明が始まるというもの。最新式っぽい割に最初に別途持たされた地図が必須となり、意外とめんどくさいんだけど……w
最初の画像がティラノサウルスが座って立つのに前足をつかってたんじゃないか説での座りポーズ。待ち伏せティラノって言われてたけど、ヤンキー座りでやさぐれるティラノにしか見えなくなってくる始末。
2枚目が最新のトリケラトプス前足復元。
今までトカゲのように横に張り出した形でイメージされていたり、まっすぐ直に書かれていたりしていたものが、最新の研究でこの形になって、はじめてその研究成果での実物大標本となった感じみたいです。
ティラノと2つ並んでいて、獲物を待ってるティラノに出会い頭なトリケラトプスみたいな感じで並んでました。
始祖鳥始祖鳥の骨格復元、実物見たのそういえば初めてだったけど、こんな小さかったんだなーとちょっとびっくりしました。化石の複製はみたことあったんだけど、大きさ確かにこんな感じだったんだけど、ちゃんと認識してなかったなぁ。
3Dプリンターとか別のいろいろな技術等で、恐竜の色やなにやらも分かる可能性もでてきたとかで、今後も楽しみ

似たような記事