謙信・歴史ヒストリアとBASARA

謙信・歴史ヒストリアとBASARA
まだ戦国騒いでるんですか、この人は。

歴史ヒストリアの4月。謙信やってた回みのがしてたんだけど、今日みれました。
何で見たかったかと言うと、甥の喜平次(景勝)にあげたとおもわれる「いろはお手本」をみたかったんだ。テレビで出てたっていうのを後で知って、9メートルあるとなっ。
一字一字丁寧に大きく丁寧にかかれてる上に、赤字で読み仮名がw

これを描いたと思われる時はあちこちで戦をしていて、とても忙しい時期なのに。甥っ子をかわいがりすぎだろう。
前から、景虎が正当な後継者で景勝は正当じゃないと言われてる理由がわからなかったんだが、もりもり色々調べていたら、親馬鹿謙信がぽんぽん出てくるだけで、なおさら疑問がのこっちゃうんだがw
これ以外にも16〜18位の喜平次に当時はもう十分大人だろうに、雪が降っているから道中気をつけて春日山に来てくださいね的な手紙とか。愛しすぎ。

戦国BASARAが最終回で、ちょーそかべさんとか毛利さんでないまま終わるじゃないかと思っていたら、来年に続くとなっ。しかし、ちょびっとでたものの、やっぱりあんまり出ていないので、ちょーそかべさんは、未だに私の頭の中じゃ「殿といっしょ」の姫若子から抜け出させず。 南無だなぅ

信長様の髷に最後の最後で気がつきましたwwww 遅いwwww

暑い暑いーともんくたれながら、タブレットで上杉親子(もう親子でいいよ)描いてる間はたのしすでございましたよ。

似たような記事